超音波アクチュエータの開発

Ultrasonic Motors

超音波アクチュエータは、医療用モータやカメラの焦点モータなど、物体を簡単に動かすための駆動装置として私たちの生活に欠かせない部品として活躍しています。ポリテックのレーザドップラ振動計は、超音波デバイスなど微細な部品であっても、その振動特性データを短時間で正確に収集でき、安全で確実な設計プロセスの実現を支援します。

超音波モータ

Ultrasonic Motors

超音波モータは、カメラのオートフォーカス機構など、産業向けにもコンシューマ向けにも幅広く活用されています。超音波モータでは、表面に超音波振動を発生させることにより、ロータあるいはリニア被駆動体を駆動します。PSV-400-3D-M スキャニング振動計では、こうした振動の変形形状をビジュアル化したり、シミュレーション モデルのアップデートに役立つ振幅および応答データを計測できます。

超音波駆動医療装置

Ultrasound-powered Medical Devices

超音波エネルギーを細胞などに与える超音波医療装置について、高効率な照射性能を実現するには、PSV-400-3D-M による測定が不可欠です。装置の振動特性をビジュアル化することは開発における重要なタスクであり、装置の開発期間を大幅に短縮できます。また最適な設計を行うことで、任意の振動周波数でノードを集束させることができ、超音波エネルギーの散逸を低減できます。PSV-400-3D-M  は、その高い空間分解能とピコメータ レンジの振幅分解能という 2 つの優れた特長により、こうした超音波医療装置の振動形状を迅速かつ確実に計測します。