エンジンテスト

Engine Testing

ジェットエンジンは今日、推進力の高さだけでなく環境への配慮も強く求められており、エンジン設計における技術的な壁はますます高くなっています。

エンジンの耐用年数にも大きく関わる振動現象を正確に把握することは、開発における最も困難かつ重要なタスクの1つですが、レーザドップラ振動計なら有効なデータを計測できます。

写真: タービンブレードの振動計測 (提供: Pratt & Whitney 社、Greg Roberts 氏)

 

耐用年数にも影響する振動現象

Lifetime-relevant vibration phenomena

ブリスク (Blisk: ブレード + ディスク一体成形) 技術は革新的な発明として、ジェットエンジン設計で数多く採用されています。エンジンの寿命にも関連する振動現象を正確に把握することは、開発における最も困難かつ重要なタスクの1つです。振動モードの正確な可視化と、局所的な振動振幅の可否の判断には、ポリテックの PSV-400 スキャニング振動計による非接触計測が不可欠となっています。詳しくは、右の「応用事例」 より 『Jet Engine Testing』 PDF をご覧ください。

応用事例

計測データ アニメーション