バルブトレイン試験

Special Application Vibrometers

燃焼機関とバルブトレインの運動は、猛烈な速度と加速度によって行われる高度なダイナミックプロセスです。バルブの運動の計測は、バルブの運動をシリンダヘッドの変位と切り離したり、大きな変位を高分解能で計測することなどを含めて、非常に困難なタスクとなっています。

差分計測ができる高速振動計は優れた計測ソリューションであり、燃焼過程、燃費、エンジン性能、そして耐用年数の最適化に必要な、バルブ運動グラフを正確に描画するためのデータを収集できます。高速振動計では最大 30 m/s の高速振動を計測でき、F1 用エンジン系にも利用できるスペックとなっています。

LM DS HSV-2000 2005 P2 02

LM DS HSV-2000 2005 P3 01

LM HSV Appl Img01

応用事例

Video