自動車 / 輸送機械

 
レーザドップラ振動計 (LDV) は優れた計測性能で、自動車の製品開発における試験コストを低減しながら、製品の市場投入サイクルを短縮します。自動車の試験では、セットアップや操作が簡単で、既存のCAE ハードウェア・ソフトウェアとの互換性を持つ試験ツールが最適です。ポリテックの LDV は汎用的な非接触センサであり、研究段階における構造ダイナミクスの計測にも、生産ラインでの品質管理にも幅広く利用されています。また、ポリテックの高精度な 3D 表面形状計測システムは、重要なパーツの形状偏差や表面パラメータの測定に役立てられています。

“We’ve found exciting and innovative applications for the laser vibrometer, such as studying the motion of small, delicate structures (wires in electronic packages). The rigorous study of the movement of tall low-mass components on PCBs (which pose a persistent vibration durability problem for our applications) has been sharpened and improved by the use of the non-contact vibrometer technique. Ease of use, transportability and accuracy have allowed the Polytec laser vibrometer to become a popular test alternative to traditional accelerometers in the lab. We look forward to finding novel applications for the laser equipment in the future!”
Dr. Arvind Krishna, Global Manager, Mechanical Design Analysis at Delphi Electronics & Safety

自動車の開発 / 生産に役立つ光学計測

関連資料