表面形状測定技術の概要

表面形状の測定は、自動車や医療などの分野で用いられる許容値の小さい精密な部品の生産に不可欠な工程です。サブナノメータ レベルの垂直分解能による非接触測定を実現するスキャニング白色干渉計は、従来の触針式の計測手法を大きく超越したメリットを実現しており、精密な部品形状や表面仕上げの 品質管理工程に最適なツールとしての地位を確立しています。
この新しいビデオでは、TopMap 白色光干渉計の測定原理、操作方法、そしてポリテックの表面形状測定技術を応用した測定事例について分かりやすく説明します。