NG 判定

Acquiring the Topography

部品の生産ラインでは、仕様で定められた許容値について適合性をできるだけ頻繁に検査し、不具合がある場合は次の工程に送る前に廃棄する必要があります。この検査工程を適切に実施することで、無駄な製造コストを低減できます。白色光干渉計では、異なる数多くの構造体や表面を広い面積で測定でき、不適切な曲率、半径、噴出物、接続不良や欠落部分などの不具合を、迅速に正確に検査できます。多くの場合、ワークピースや部品全体の形状を検査する必要があります。例えば上のショックアブソーバ部品の場合、検査に合格するには表面全体を測定する必要がありました。

測定例

Piezo Actuator

リング状の圧電アクチュエータの表面について、平坦度の標準値に対する検査が行われました。測定結果は、断面図に不具合を示すカラーマップとしてプロットされています。

Piezo Actuator

表面実装部品 (SMD) 向けのプリント回路基板の場合、はんだバンプの高さが非常に重要な意味を持ち、また部品の各表面は互いに一定の角度を保っている必要があります。これらのバンプは、製造の直後かつ組立の前に、冷却時間を置かずに広い表面をスピーディに計測する必要があります。