生産ラインでの品質管理

  • TopMap surface metrology
  • TopMap surface metrology

ポリテックの TopMap 表面形状測定システムは、生産テストを目的とした測定をする場合、製造ラインに簡単に組み込むことができます。ワークピースを製造の段階で早期に、頻繁に試験することにより、不具合の傾向をすばやく察知および解決できます。ポリテックの白色光干渉計は、ワークピースを測定チャンバに入れても測定できる設計が採用され、SPC や全数品質検査用を目的に製造ラインに設置されています。TMS-300 TopMap In.Line は、製造ラインでワークピースの表面を正確に測定できる理想的な生産制御システムとして活躍します。コンパクトな筐体は、生産ラインに簡単に設置できます。設置作業もシンプルで、さまざまな取り付け構成方法に対応しています。平坦度、形状などの表面パラメータを 事前に設定した仕様値に基づき評価でき、高い生産効率を維持しながら全数検査を実行できます。

上: 製造ラインで検査する対象部品
下: ナノメータ分解能で計測した部品表面の欠陥カラーマップ

応用事例