形状パラメータ

Form Parameters

ポリテックは、広い表面の特性をナノメータ分解能で測定できる、光学表面形状測定技術のトップベンダーです。表面形状測定においける重要なパラメータには、一般的に、平坦度、平行度、半径、ステップ高さなどがあります。測定する表面には、アスペクト比の高いドリル穴や、急勾配な溝で分離した 2 つの表面など、測定が困難なものも多く存在します。ポリテックのスキャニング白色光干渉計なら、触針式の形状測定器やコヒーレンス光干渉法ベースの装置とは違い、こうした難しい表面も容易に計測できます。

表面形状データの収集

多くの場合、ワークピース全体の表面形状を確認して、製品としての仕様に適合しているかを検証する必要があります。その一例に、右の自動車のショック アブソーバがあります。白色光干渉計は、加工具合や安全機能、そして犯罪科学に用いるような傷の証拠などをナノメータ精度で解析できます。またプリント回路基板などの反りや歪みに対する規定値も簡単に測定できます。これらの構成部品の許容値は、製品全体の微細化が進む中で、ますます小さくなり、厳密なものとして求められるようになってきています。

Acquiring the Topography